まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

MENU

ウォーブレのやる気ゼロ問題

全然プレイしてないくせに感傷にひたる記事を書きましたまぐろです。突然ですがひさびさに涙をこらえプレイしたところすごいやる気なくなったのでその悲しみをここにぶつけたいと思います。

 

気に入らないところは大雑把に言って

  1. バランスバランスいってきたウォーブレが最後の最後でバランス度外視
  2. シャドバに石を投げていた村の愚民が最後くらい…みたいなふざけたことをいっている

こんなところですかね。

 

まず1ですがやっぱりウォーブレの運営はプレイヤーに対してちょっとどうかと思うところがあります。最後だし盛大にやろう!という気持ちはわからないでもないですけどぼくはカードゲームをやるためにウォーブレを起動したのであって、メンコやら世の中の不条理やらを感じるために起動したわけではありません(ペリドットあたりから僕はいよいよクソだなと思ってましたが)。最後の最後に龍の目をかけなかったわけですな。

最後だからしっかりしないといけないはずですが、シャドバから村に移住した者としてはシャドバに漸近してサービスを終了するのははっきりいってがっかりです。

 

続いて2です。そんな感じでほぼ愚民が仮想敵としているシャドバに寄って最後を迎えようとしているのに、シャドバから乗り換えた人たちがお祭りに興じているのは非常に残念です。おそらくウォーブレを好きだ、ということで立ち位置を確保しているだけでカードゲームでヒリヒリした手に汗握る試合をしたいわけではないのでしょう。ウォーブレはコミュニケーションツールなのです。

だったら最初からシャドバの悪口を言うなどと卑しい行為をするべきではありません。僕ははっきりいってシャドバが嫌いですが、叩くために叩くことはしません。

 

最後の最後でウォーブレの株は落ちました。もしかすると別れ際に喧嘩して禍根を残さないようにしよう、という安い恋愛ドラマのワンシーンみたいなことを考えているのかもしれませんが。

また、世界観を大事にしているならカード一枚一枚のデザインに最後まで慎重になるべきだったような気がします。

 

結論としてはウォーブレモチベはゼロになり、ウォーブレとクラスタへの愛情がなくなったのでダーウィンの海に沈んでも後腐れなくお別れできそうです。だからといってシャドバはやらないけどね。