まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

Artifactについての雑記

最近、Artifactは話題にすらなっていません。謎の課金体系、ランク&ログインボーナスなし、そもそも導入で2300円もするなど既存のカードゲームとは大きく異なる登場をかましました。びっくりしていまだにひるんでいる人もいますね。

 

とはいいつつ、紙のカードゲームと比べればかなり安い方であります。遊戯王をちょっとやっていた時期はデッキを1つ組むだけでお年玉が消えてなくなりました。それよりはよっぽどマシな金額だとは思います。

 

ただし、これは紙のカードゲームを前提にした話です。今比較するべきなのは先発のデジタルカードゲームでしょう。ハースストーン、シャドウバースなんかが相手としてふさわしいわけですね。(とりあえず有名どころだけ挙げてます)

 

上記のカードゲームは「課金せずともカードはもらえる」という設計になっています。毎日ログインしたり、日々のミッションをこなせばのんびりプレイするだけのリソースは集まるわけです。たぶん。

 

Artifactにはそれらの要素、つまりタダで遊べる要素が一切ありません。確かに、ゲームに勝ち続ければ報酬がもらえますが、どちらにせよ挑戦権が必要です。挑戦権フリーのルールでは報酬もないです。

 

いきなり初めて最初から勝ち続ける、なんてことが可能かどうかはちょっと考えればわかると思います。2300円で一通りプレイ用のリソースがもらえますが、そんなものは大した問題にはならない、と僕は思います。

 

プレイにかかる費用がペイするようになるまでにコストがかかるのはしょうがない。とはいえ、競合はゲームに慣れさせるくらいまでは保証してもいいんじゃないかなぁと僕は思っています。ミッドレンジハンターとか強いじゃないですか。

 

もちろん本気でやる(Artifactでお金を稼ぐレベルとします)なら初期の課金は些末なものかもしれません。問題はそこまで本気で取り組むプレイヤーなんてほぼいないということ。

 

昔からカードゲームにはリアルマネーが割と必要でしたが、デジタル時代になって大きく変わりました。相手とするユーザーが大きく変わったのです。基本無料プレイヤーの中には課金アレルギーの人もいますし。

 

そんな中でこのスタートでは厳しい面があってもおかしくないのかなと思います(dota2は基本無料なんですけどね)。カードゲームについては門外漢だったのかなぁと思ったりします。とはいえ、それでこのゲームそのものを否定するのは早計だと思いますけどね。

 

次に、既存のデジタルカードゲームにはランクマッチが採用されています。勝てばレートが上がり、負ければ下がる。実力が可視化しやすく、プレイヤーのモチベーションにも大きくかかわってきます。ハースだとレジェンド到達が一つの目標になっていたりしますからね。

 

この要素がArtifactにはありません。そんなもんなくともプレイするやろ~と思っていたのでしょうか...。当座の目標があった方が長続きするプレイヤー多いと思うんですけどね。この辺りは多くの人が思うことではないでしょうか。

 

なのでArtifactではミドル~ライト層が続ける理由がありません。単純に楽しい!というだけで続けるほど心に余裕のある人は多くない。そうなるとサッカー少年のいないサッカーみたいなもので、ドンドン人は減ります。

 

あと単純に日本はあんまり闘技場好きな人あんまりいないんですよね。名前がわかるカードゲームの動画を調べてみてください。ランク戦の動画しかないはずです。Artifactは実質闘技場システムがメインなので日本でのウケは悪そうです。

 

課金周りについてはもうどうしようもありませんが、ランク戦は用意してもらえるといいなぁと思います。また、チケットとかとりあえずいいから無料で遊ばせてあげたらもっと敷居低くなるんじゃないでしょうか。