まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

【グウェント】万能!ツールボックスニルフガード

Team Aretuzaのメタスナップのわかりにくいデッキ。しかも英語なので何が何だか...という人もいると思うので翻訳を書いていきます。

teamaretuza.com

デッキ

f:id:TunaCan:20181224114413p:plain

エムレ

概要

エムヒルを最大限使う、がテーマのデッキらしいです。ひとまず概要を見てみましょう。

このアーキタイプは「グウェントで最も多目的なリーダーの1人、エムヒル・ヴァルエムレイスの力を最大限引き出すデッキは作れないか?」という問いへの基本的な答えです。

このデッキのベースはスワーム(群れ、横に並べるタイプのこと)デッキで、ゾルタン:無頼漢という最もエムヒルのバリューの高いターゲット、またユニコーンキロネックスのバウンスといった構成は非常に便利に活用でき、同時に必要であれば即興で相手のエンジン(多分相手のフィニッシャーのことで、戦略の核を意味しているのだと思います)を処理することもできます。

このデッキはみたまんまスワームデッキだそうですが、それだけでなくエムヒルを使ってとても器用に立ち回ることができるとのこと。ちょっと前ヴェセミルが流行ってましたが確かにそれ以外にも使い道のある魅力的なカードっすよね。

 ブロンズの中核を担うのはマグネ師団とナウジカ旅団の旗手です。これらはロングラウンドのエンジンとなり、ピカントと戦奴のシナジーも利用して戦います。

ブロンズはよく見る戦い方っすね。ほとんどすべてのニルフガードデッキに採用されるバリューブロンズカードってとこかな。かなり厄介ですよね。

このデッキは現在のメタにおいて非常に強力でtier1に負けるとも劣らないパワーがあります。しかし、トップtierのデッキ軍に比べショートラウンドに強くないので足踏み状態なのです。

確かにぱっとみ強そうですが短いラウンドは苦手ですわ。逆に長引かせてなんぼのデッキには大きく出られるというわけですね。環境デッキはショートが得意なのでtier2どまりなのも納得。

とはいえ、多くのデッキはロングラウンドを見越した構成なのでそれなりに戦える...というか勝ち越しちゃうと思います。

Pros(長所)

  • 純粋なスワームのためロングラウンドではマジで強い
  • エムヒルがクソ便利

横に並べてバフ、となると長いラウンドの方が有利。かつそれを補助するエムヒルの存在は絶大です。まぁ、使いどころが難しいんだけどね。

Cons(短所)

  • ショートラウンドツールの不足(短いラウンドに弱い)
  • AoEがかなり苦手

瞬間火力が高くないので横展開を阻止されたり、横展開できないまま相手が動きまくると勝つのは極端に難しくなります。またAoEが苦手なのは言うまでもなく、特に後攻イャーデンなんてされた日にはグウェントを引退したくなります。

www.magur0.com

1/18追記

マリガン&デッキコストのパッチによりエムヒルのコストが1小さい164になりました。なのでダオを抜いてシリの影武者を入れました。が、間接効果なのが微妙かもしれません。戦力値も低いし。

とはいったものの、素でかなり強いのでおすすめです。

f:id:TunaCan:20190118190821p:plain

コスト164バージョン

gwentup.com

感想

非常にわかりやすいデッキじゃないかなと僕は思います。エムヒルのタイミングをはかるのも楽しいですし、かなり魅力的なデッキなのではないかと思います。カードゲームらしいデッキ。

 

こんな 感じでプレミを減らすことだけ意識すればランク10まで勝率7割もざらです。14くらいからスムーズに到達できました。

 

www.magur0.com

他のTeam Aretuzaデッキ一覧を見たい方はこちら。結構たくさんあるので翻訳も大変ですな。