まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

現行パッチのブランの立ち位置について

f:id:TunaCan:20190226020954j:plain

 

 どうもこんにちは、まぐろです。最近LoLを頑張って練習してますがうまくいかず、apexに手を出したらなおさらひどかったのでグウェントに戻りつつあります。

 

 みなさんグウェントやってますか?僕よりはやってますか。そうですか。今月はラダー走ってもしょうがないし、ブランでもやろうと思い立ってしばらくデッキを探していました。が、結論から言うと全く勝てない。もちろん勝率0と言いたわけではなく(スコイアあたりには勝てます)、現在のメタ、ないしはカードプールにおいてかなり不遇のリーダーだということです。

 

 僕はベータのブラン王が大好きでした。墓地に埋めればスタッツが上がる。それだけのシンプルなデッキでした。HC以後はベーススタッツを全くいじれなくなり、代わりにハンデスに申し訳程度のテンポがつくようになりました。

 申し訳程度にもほどがあります。はっきり言って使い物になりません。ドローソースがグウェントにおいていかに貴重かはわかっているつもりですから、ドローの代償がハンデスなのは納得しています。確かに強力です。しかし、それは恵まれたリソースがあって初めて成り立つことです。

 

 つまり、「デッキ圧縮しても欲しいカードがない」。ウィッチャートリオやローチがなぜ強いのか考えたことはありますでしょうか。デッキ圧縮?4枚フル活用して10%も確率が変わらないのに?よく考えてください、ウィッチャートリオがナーフされたのは「スタッツ」です。デッキ圧縮は確かに強力です。しかし、それよりも突然9点稼がれることのほうが圧倒的に強力なのです。

 

 スケリッジに絞って考えてみると、いわゆるテンポをとれるリーダーは他の4人全員がそうです。クラフはCDがあるとはいえ調整がしやすく、ハラルドはランダム8点のパワーがあり、アイストはバーストの補助ができ、アーンヨルフもいつでも6点+狂騒3を確保できる。ブラン王はと言えば、ハンデスで1点ダメージが出るとはいえ、あまりパッとしないアビリティです。恒常だからと言って強いとは限らないことはアラキス・クイーンをみればわかるでしょう。むしろクラフの方が恒常と言えるかもしれません。

 

 現在のメタではテンポプレイが主流です。コントロールと言われるタイプのデッキにもエンジンが最低でも2枚は入っています。スケリッジのエンジンはかなり限定的です。強力なことは強力ですが、ブラン王と相性がいいかと言われるとあまりよくありません。なにより、ブラン王のアビリティを当てにするとリソースがいくらあっても足りません。ハンデスでバーストとかできないから。せめて2点にしてくれよ!Too OP!

 

 モンスターを使って分かりましたが、スケリッジのwin conditionはブラン王をリーダーにした時点でないに等しい。まぁハンド確保のためだけに使う、すなわち今のモルブランみたいな使い方ならワンチャンあるかもしれません。でもそんなの寂しいじゃないですか...。あとサルベージカードがあってもいいですよね...。