まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

【紅き血の呪縛】デトラフ考察-4月のランクで要注意-(Ver.2.0.1)

f:id:TunaCan:20190404111730p:plain

アスパラガスを食べるとおしっこがスカンクの屁と似たにおい(ビニール的な..)になる人が少数派だと知って驚きました。さらにそのにおいを感じる人も少数派だそうで、思わぬ才能を発見しました。

 

というわけでどうもこんにちはまぐろです。新環境が始まって少し経ちましたがまだ安定している感じはしませんね。様々なデッキがはびこっております。

 

ただそんな中でもクソデッキ...環境トップになりそうな感じがするデトラフについて今回は考えたいと思います。

デトラフについて

 

ウィッチャー3最後のdlcから参戦した上級吸血鬼。本編でも怪物くんでしたがグウェントでもかなり暴れているたちの悪いイケオジです。

1.便利なアビリティ

2点ダメージ、追撃で2点ユニットという汎用性の高く強力なアビリティをひっさげています。モンスターだけに限った話ではありませんが、現在のグウェントではコントロールメタなので(議論が起こるほど。スペルデトラフみたいなデッキもチラホラ)2点に調整するのは難しいことではありません。

 

またトークンは吸血鬼カテゴリなので紅き血の呪縛(スペル)をフィニッシャーにした吸血鬼デッキで恩恵にあずかることができます。とりあえずみんなそれを考えると思います。

まぐろさんのデトラフデッキ

まぐろさんは唯一モンスターだけまともにカードがそろっていません。初心者ですから。とはいえそれでは面白くないので、持っているカードでなんとなく組んでみました。もちろん、スペル偏重のクソデッキではありません。勝ちたい気持ちもありますがそれ以前に楽しくグウェントをやりたいからです。

いつでもどこでもオールドスピアチップ。シンプルで強力なカードなのでプレイングもさほど難しくありません。

組んで気づいたこと

  • アビリティが強い
  • 雑に組んでも強い

 

モンスターのリーダーはデッキコストが高くないものが多いですが、モンスターのカードは基本的にコスパがよいので大きな問題はありません。ニュートラルを少なくすれば解決です。このデッキもニュートラルはほとんど入っていません。

 

そしてやはりアビリティが強力です。強すぎてナーフが予定されています。2点×3回とこれだけで普通に強いですが、ユニットにトドメを刺すと2点吸血鬼が出てきます。モルブランの上位互換って感じですかね。モルブランがあれだけ強かったのになんで上位互換を出すんだ...

僕はそれより現在の除去が「安くて強い」牛丼状況についていけないのですが...調整が難航している(あるいはする気がない)のでしょう。

デトラフの強み

なんといってもアビリティです。アーキタイプ(デッキのかたち)によらず使えるので自由度は高いです。シナジーとか無視してオッケーです。吸血鬼シナジーを意識してもいいですし、スペルデトラフにするのもいいでしょう。いいと思います...ご自由にどうぞ...。

デトラフの弱み

カードプールは正直カオスを極めているのでデトラフ自身についてだけ言うと、コスト上限が少ないことくらいでしょうか。ただモンスターでコスト上限に困ったことはないので特に弱みナシと言ってもいいのではないでしょうか。

 

今回は自分が嫌いなリーダーということでクソ雑な考察になってしまいました。ナーフ後あたりまでにちゃんと使っておこうと思うのでその時に手入れしてあげようと思います。

追記:4/4

 

 

というわけでさっさとナーフされました。依然として便利屋であることに変わりはないと思っていますが、大きく格下げといったところでしょうか。チャージが2回になったのは非常に大きい気がします。より場面を選ぶ感じです。

 

後で書くのもめんどうなのでユニット版にも触れておきますと、ルーヒンと同じようなことができるユニットであることに変わりなく、個人的には基礎スタッツを下げた方がいいような気もしました。どうもスタッツはいじりたがらないですね。

 

リーダーの方は勢いが弱くなりそうですが、ユニットデトラフはまだまだ使えそうです。っていうかテーマになってる吸血鬼シナジーが活きるような能力にはじめから設定すべきだと思うんですよね。

 

今も吸血鬼あんまり関係ないじゃないですか。もちろん、ハースストーンでの奇数偶数デッキのように「強すぎるからスタン落ちさせるね!」というほどキーワードが強すぎるのも問題だと思うんですけどね...。