まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

デッキ圧縮で何がどう変わる?メリットとデメリットは何なの?みたいな話

こんにちは、まぐろです。パッチ2.0.0でウィッチャートリオとローチがナーフされ圧縮を気軽にすることができなくなりました。旧グウェントでは~みたいなクソみたいな記事を書いてもしょうがない。

 

圧縮するとなんかいいことあるの?デメリットないの?という問いを設定して、圧縮のためにデッキの枠を使っていいのかどうかを考えていこうと思います。

 

ハースではパッチーズがいた

グウェントで話すとややこしくなるので先に悪名高きパッチーズを振り返ってみることにします。

 

wiki.denfaminicogamer.jp

wikiをして最強のカードだったと言わしめるようなカードだったパッチーズ君。上のリンクに飛んで説明を読めばだいたいわかるはず。

 

ざっくりまとめると、

  1. 引かなくても使える
  2. アドバンテージを失わない
  3. 圧縮できる
  4. (パッチーズ特有だが)引いてもまぁ使える

みたいな感じです。4はパッチーズだけの話なのでとりあえずいいと思います。

1.引かなくても使える

手札になくても使える!トリガーになるカードが海賊なのでコイツ自身を引く必要が全くないんですね。ハンドがすべてなゲームですから引けなければ価値は全くありません。パッチーズはそもそもその前提が覆るわけです。引く必要がないですからね。

2.アドバンテージを失わない

コストが一切ありません。出てきた瞬間にライフが半分減るなんてことはありません。+要素しかないのです。しいて言えばデッキの枠を1枚占領する、ということですかね。

3.圧縮できる

引きたいカードを引く確率が高くなる!...といってもなんだかよくわかりません。具体的に何パーセントくらい変わるものなんでしょうか。

グウェントで考えてみる

まずは1について考えてみましょう引かなくても使える圧縮できるカードはローチ(ニュートラル)、エリレン(スコイア=テル)だけです。他のカードはだいたい2枚以上入れたうちのなかから1枚を引く必要があります。引かなくても使える...とはちょっと言い難いですかね。

 

次に2、「アドバンテージを失わない」という点はどうでしょうか。エリレン、ローチ、その他もろもろ...基本的にアドバンテージを失うことはありませんね。

スケリッジのドローソースたちは手札を失っていますが、アドバンテージを失うことのない破棄用のカードがあります。ただちょっと複雑になりますが、サルベージする手段もあります。しかしコーラルはスペシャルを捨てれば2点飛ばせるので他よりは使いやすいですね。(テクニカルな勢力だということですね...)

 

次に3の圧縮できる!という点。入れるコストに見合うかどうかは引く確率の上がり方とパワー次第です。

 

1Rでローチを出すと次の2Rで引くカード1枚ごとの確率は6.67%から7.14%になります。なんか全然上がりませんね...。マリガン3回目で9.09%になりはしますが...うーん、そこまで期待できるものでもないような気もします。

 

エリレンは5点という大きなアドバンテージがありますが、ローチは3点ですからねぇ...引く確率を上げるよりもう1枚強いカードを入れればよいのでは?という感じです。特にデッキコストを10も占領しますからね

 

ただ、序盤でできるのがローチの強みであります。序盤はあまりコストの高い(≒フィニッシャー候補)を使いすぎるとよろしくないので、あと数点ほしい...みたいな状況を未然に防いでくれたりします。同じコストのカードを出すだけだと盤面を解決できないので圧力としてはそこそこです。

 

グウェントの戦い方として「相手が出したカードより低いコストのカードで対処する」のがベターかなと思っております。現在爆弾系のバリューが高すぎることで議論になったりしますが、北風(5コスト)でセルトカーク(9コスト)を倒せると非常にオイシイわけですな

 

そういうバリュー合戦において+3点は何かと便利だということです。ただでさえリソースを割きたくないのに+3点分のコストを支払わなければならない...だいたいコスト3と同じくらいでしょうか。

 

ぶっちゃけかなり勢力によって偏りがあって、ローチがなくてもガンガンいけるデッキもあります。モンスターなんかがそうです。しかし、以上の理由から相手に先を越されたくないということで入っていることもあります。不利を背負わないようにしているといいますか。

 

おそらく序盤が得意なデッキ(ブロンズがやたらと強い、コスパのいいゴールドをたくさん入れている)には必要ないかなーと思いますが、序盤でカードを使いすぎるとヤバイデッキと一部の特殊な使い方をするデッキ(アシーレ擁するニルフガードとか)では必要になってきます

 こんな例もありました。戦奴、ヴィヴィアンでスタッツを変えれば更なる有利がきたいできるというわけです。最近使っていませんでしたがデッキを考えてみてもいいかもなぁ。

 

さてローチの話はこれくらいにしてエリレンの話でもしましょう。エリレンは条件が結構きついのでローチとは少し違う使い方になることがあります。ズバリロングラウンドですな。

 

使う時はだいたいロングラウンドになります。エルフ5体を盤面に並べるのは結構大変です。特に今はコントロールがぶっ壊れているので貧弱スタッツエルフさんたちはすぐに倒されます。そもそもエルフはコントロール寄りなのでスタッツが低くてもしょうがないところはありますが。しかも相手が悪いとすぐ腐ります。

 

というわけでローチよりもデッキの選び方がシビアです。エルフ入ってなかったら入れる理由もありませんからね...。+5点はかなり魅力的ですし森の呼び声とのコンボは強力ですが、何せ成功率が大して高くないのと序盤で圧縮できないので完全にボーナス戦力としてみた方がいいです。そしてぶっちゃけ9コスト払うならミレンとかレジス:血の渇望とかでいいと思いますよ

 

ということでまとめると、出てきた時にどれだけ仕事するかで判断した方がいいという結論になりましょう。その他1枚は出さないといけないシリーズも条件が緩い or 出たときに強いカードなら入れてもいいと思います。圧縮は大量に積まないとあんまり意味ないですからねー