まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

フォルテストでエプデヒーをボコボコにした件

やっぱりキングフォルテスト。どうもこんにちは!まぐろです。最近新拡張が発表され、ますます北方の存在が薄まっていくこんにちです。

 

しかし僕はやりました。ニルフガード...あの黒い太陽になんとフォルテスト王で一矢報いることができました。なのでデッキ紹介でもしようかなと思います。

デッキ

f:id:TunaCan:20190619101646p:plain

解説

ネタばらしをするとフィードバックが速い配備と勇躍を主軸にしたコントロールデッキです。そりゃ他のデッキよりは勝てます。ヴィゴの口輪まで入ってますからね。

 

今のグウェントのメタは配備とダメージがカギです。他のカードゲームでもそうですが、相手の対応を無視する戦法はとても有効です。相手ターンにもある程度行動できるゲームもありますが、グウェントではスコイアの罠くらいでしょうか。

 

ともかく、自分の行動に相手のリアクションを待たなければいけないデッキ(それこそ北方の命令)はその間に差をつけられてしまいます。相手の除去をのりきるのも一苦労です。

 

命令は「残れば強い」相手のアクションにひやひやしながらリターンを得る能力です。はっきりいってリターンを得られることがないのでどうにかして速さがほしいわけですな。なので勇躍をつけます。フォルテストのアビリティですね。

 

f:id:TunaCan:20190619115048p:plain

ダン・バナー隊、セルトカーク、アンセイスなどをそのターンのうちに使うことができます。エイダーン軍の鎚使いは1コスト上がるのに加え、勇躍のおまけもないので今回は不採用です。必ずフォルテストを使うと考えるならダン・バナー隊はこちらに変えてもいいかもしれません。

特にダン・バナー隊は増えた亡霊兵の間に置くことができればフォルテストのチャージを温存することもできます。ドラウグと合わせてもいいかも。ただしフォルテストはコストがきついので注意。

 

強化トレビュシェットはダン・バナー隊のサポートです。2枚入ってますが、ダン・バナー隊を2枚入れるわけにもいかないですからね。ラウンドをまたいで使うのであれば強化トレビュシェットの方がポテンシャルが高いです。移動に弱いという弱点はありますが所詮はブロンズです。あまり気にしないでください。

 

北方諸国で強いブロンズといえば刺青隊の精鋭兵ですね。斥侯で増やしてテンポを取るのも悪くありません。そのために入れています。注意してほしいのですが、斥侯は「デッキの底」にコピーを作るので他のブロンズだと増やしても引けません

 

あとはみなさんがよくみるカードばかりだと思います。黒のレイラとかいう使用率0%のカードがありますがコストの都合で入っているだけです。

プレイング

ダメージでバリューを取ります。こちらはほとんどエンジンがないので、初手に出すのはブロンズにしましょう。相手の反応を待ってからユニットを叩いて点数を抑えていくのが基本です。

 

1Rは手札をすべて使ってもとらないといけないのでサブリナとグレゴアールはマリガンした方がいいかもしれません。3Rをロングで勝つために必要です

 

フォルテストのアビリティが残っていてセルトカークかアンセイスを持っているなら2Rで勝負してもいいと思います。しかし1R勝ったということは先攻で始まるので、初手に出せるカードがないならパスして次のラウンドを待った方がいいと思います

 

1Rから長期戦になりがちですが、そのときは黒のレイラを使えばいいと思います。盤面の人間の数でスケールアップしていくので最後のスラムにも対抗できる可能性があります。それに7コストです。

入れ替え案

  • ケイドウェン軍の兵士長→何か...僕は他に入れたいカードもなかったのでこれにしました。爆弾とかもいいかもですね。
  • 刺青隊の斥侯→黄泉の女魔術師...斥侯と精鋭兵のコンボは強力ですが先の理由から変えた方が安定します。
  • 黒のレイラ→漁夫王...1R負けても勝てるようにするには手札を調整しないといけません。漁夫王でキーカードをトップに持ってくるのも1つの手です。