まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

【シーズン・ドリアード】誰も使ってないクリーヴァー組んでみた

どうもこんにちは!まぐろです。今回のデッキは誰も使わないミッドレンジクリーヴァーです。gwent challenger #5でTailBotが使ってましたね日本語リスト)。

デッキ

f:id:TunaCan:20190915105205p:plain

TailBot選手が使っていたデッキと似ている部分があってうれしいところですが、逆にクリーヴァーの構築に大きな多様性とかはないということの裏返しでもあると思います。まぁアビリティが特殊ですからね。

 

しかしグウェントは数枚でも戦略が大きく変わることがしばしばありますし、何よりプレイングがプロプレイヤーとは比較にならなかったりしますが...。まぁTailBot選手のデッキには懸賞金パッケージが入っているので別物のデッキですな

 

今回は公式大会でクリーヴァーを見られたということもあるのでchallnger #5にちょっと触れながら考えたことを書いていこうと思います。

解説

とりあえず思い当たる強いカードを入れ、ヴィヴァルディ銀行を入れてみました。クリーヴァーで使えば3枚目までその場のコインで使えるので便利かなーと思っていました。

f:id:TunaCan:20190915110155p:plain

 

使ってみた感想としては、犯罪カテゴリを持っていないこと、コインの消費が安定しないことから優れたカードとはとても言えない感じっすね。

 

アーティファクトだろうがスペルだろうがサーチできるのはクリーヴァーでは門、スペルどちらも選べるということで利点ですが、最高でも上から9枚しか見られないので当然その中にほしいカードがあるかどうかも運次第です。うーん。

 

 

f:id:TunaCan:20190915110611p:plain

他にはスリと盗み聞きが過剰な気がしました。盗み聞きはせいぜい1枚で十分ですし、スリも盗み聞きのコインがあれば必要ありません。そうやってスペルを少しずつ減らしていくとハラルド・ゴードも特に必要なくなりますね。

 

それにしてもスリがゴールドなの納得がいきませんね。盗み聞きをゴールドにしてしまった方がいいような気も...。

 

f:id:TunaCan:20190915110742p:plain

ホアソン・シニアはヘルヴィードなんかの横に展開していくカードが何枚かないと有効に使えないっぽいです。カジノの用心棒を狂気で使えばいいかと思っていましたが、コインがかなり多く入ってくるので微妙に活かせず。

TailBot選手のデッキ

ここで、TailBot選手のデッキを紹介します。

f:id:TunaCan:20190915111228p:plain

上でちょっと書きましたが、懸賞金パッケージを採用しているのが大きな違いかと思います。グラデン、カレブ・メンジ、ウィッチハンター処刑人、悪口ですね。日本の至宝みゃーもんさんによると最後にグラデンで大きく点を出すらしいです

 

個人的にはウォルター・ヴェリタスが入っている理由がわかりません。まさに神のみぞ知るって感じです。誰か啓示を受けたら僕にも教えてください。

 

07:42:00からTailBot選手のクリーヴァーが見られます。

www.twitch.tv

 

ところで、僕みたいな初心者()にはchallngerで学べることはほとんどないですね。意図とかミスとかそのあたりの詳細がわからないままどっちかが負けてどっちかが勝ってんなーという印象。練習しないとなー。