まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

グウェントのパッチノートv4.0が公開されたので読んでみよう

f:id:TunaCan:20191002083743p:plain
こんにちは!まぐろです。書き始めた時間は10/2の8:30。それはそれは大急ぎです。グウェントのパッチノートは長い!いつも大きくカードが変更されます。

 

アビリティが変更された次のカードは3日間粉砕補填の対象となります:
アヴァラック
ランバート:剣士
悪魔のホコリタケ
ヴラン・ウォリアー
血の宴
アルプ
奴隷狩り
変装の達人
ディムンの私掠船員
召喚陣 

まずは補填対象から。運営が「大きな変更を加えた」と判断したカードは補填の対象になります。もう結構でかそうですな。

カードの変更!の前に

新しいデッキ作成フローを導入(アビリティごとにシナジー面でオススメのカードを“ヒントとコツ”欄で提案)

 

感動!グウェントでもヒントをもらいながらデッキを組めるようになりました!

 

グウェントのデッキ構築は他のゲームに比べてかなりハードルが高く、プレイヤーによって資産にムラがあることもあります。ios版を見越しての初心者救済措置って感じですね。初心者の僕も助かります😇😇😇

ニュートラ

《アグアラ:真の形態》の第一カテゴリを「野獣」に変更

《アヴァラック》のアビリティを次に変更:
"配備:《氷霜》《濃霧》《豪雨》の何れかを生成してプレイする。"

《悪魔のホコリタケ》のアビリティを次に変更:
"敵軍ユニット1体に毒を与える。 追撃:その両隣のユニットに3ずつダメージを与える。"

デューダ:扇動者》のダメージ量を2→1に変更

デューダ:同志》のブースト量を2→1に変更


エスケル:求道者》の戦力値を4→6に変更


ランバート:剣士》のアビリティを次に変更:

"配備:敵軍ユニット1体とその同名カード全てに2ずつダメージを与える。"
戦力値を5→6に変更構築コストを8→9に変更

《ショープ:狩人》の選択肢の1つを変更:
"(旧)配備:自軍手札にある全てのユニットに1ずつブーストを与える。"
"(新)配備:継戦を得る。"

《ショープ:騎士》の選択肢の1つを変更:
"(旧)配備:継戦を得る。"
"(新)配備:自軍手札にあるユニット1体を無作為に選んで2ブーストを与える。"

《召喚陣》のアビリティを次に変更:
"ブロンズユニット1体(勢力不問)を入手してプレイする。"
構築コストを6に変更

《ヴィゴの口輪》から「戦術」カテゴリを削除


ゾルタン:無頼漢》の戦力値を1→4に変更

構築コストを15→10に変更

 

今のメタに影響がありそうなもの

f:id:TunaCan:20191002090442p:plain

  • 召喚陣はもう二度と使えないクソゴミカスカードになりました
  • ホコリタケは順当なナーフ。勢力の毒持ちが強いです(スコイア=テルとか)
  • 口輪が「戦術」ではなくなりました。「口輪」っていうくらいだし戦術ではないわな...

 

召喚陣はおそらく次のパッチかホットフィックスで別の能力になると思います。言ってみればつなぎのクソゴミカス化です。

 

ホコリタケのナーフはよくわかりません。毒が強いのは一部の勢力だけなのですが、ニュートラルのホコリタケをナーフするのは正しいのでしょうか?

 

口輪の変更はエプデヒーを意識したナーフです。そもそも、コントロール奪取を2回使えるのはちょっとインチキくさすぎます。何より不快なので許されません。なのでノヴィグラド流の正義が下されました。

 

その他は実装されてみないと何とも言えません。大まかにはユーティリティが向上しているようです。というかだれも使わないってわかるようなカードをほっといただけなんですけどね...。

 

《アヴァラック》のアビリティを次に変更:"配備:《氷霜》《濃霧》《豪雨》の何れかを生成してプレイする。"

 🤔

モンスター

《アラキスの群れ》のアビリティを次に変更:"命令:自陣列に《ドローン》1体を生成する。(チャージ:5)あなたが「オーガニック」カードをプレイするたび、無作為に選んだ自陣列に《ドローン》1体を生成する。"

《アルプ》のアビリティを次に変更:"配備:敵軍ユニット1体に出血(4ターン)を与える。"


《アラキス・ドローン》の名称を《ドローン》に変更


《アラキスの巣》《アラキス・ベヒモス》のアビリティテキストを、《アラキス・ドローン》ではなく《ドローン》を生成するよう修正


《血の宴》のアビリティを次に変更:
"敵軍ユニット1体を浄化して3ダメージを与える。 自陣に「吸血鬼」ユニットがある場合、さらに出血(3ターン)を与える。"

《フォークテイル》の構築コストを6→4に変更


《グラスティーウォルプ》の戦力値を3→6に変更


《グリフィン》の構築コストを7→5に変更


《氷の巨人》の構築コストを7→6に変更


《スリザード》の戦力値を4→5に変更


《ヴラン・ウォリアー》のアビリティを次に変更:

"自軍ターン中にユニットが破壊されるたび、1ブーストを得る。"

ブロンズに若干の調整です。だいたいはバフですね。コストが高いカードが多いんで、安くて強いカードで弱い時間をごまかしやすくなったのはありがたい。

 

ヴラン・ウォリアーだけはナーフです。見方によっては盤面維持力が上がるのでバフといえないこともなさそうですが、ダメージエンジンでなくなるのはあまり芳しくありません。とはいえ、遺言モンスターなんかで使えるのはいいのかもしれません。

スケリッジ

《ディムンの私掠船員》のアビリティを次に変更:"【勇躍】命令(近接):敵軍ユニット1体に出血(2ターン)を与える。(クールダウン:2)あなたが「船」ユニットをプレイするたび、クールダウンを1減らす。"

うーん...。クールダウン解消をシナジーと呼ぶことにする!という流行りなんですかね。

北方諸国

「動員」(旧ヘンセルトのアビリティ)を、自陣に有効な対象がいない場合に使用不可に 

これ結構ミスにつながりやすかったのでいい修正ですね。僕はやってから学びました。生成...とかじゃダメなんすかね。

スコイア=テル

《森の呼び声》のブースト量を2→1に変更

《アイセングリムの評議会》のアビリティを次に変更:"自軍デッキにある「ドワーフ」「ドリアード」「エルフ」ユニット1体ずつを無作為に見た後、1枚をプレイして2ブーストを与える。"カテゴリを「戦術」から「自然」に変更


「神秘の残響」(旧フランチェスカ・フィンダベアのアビリティ)の構築ボーナスを15→14に変更

結局フランはナーフです。とはいっても主要なスペルがナーフされたわけではないですし、デッキのパワーが落ちこそすれ同じようなことはまだできそうです。

 

アイセングリムの評議会は森の呼び声でいいとしか思えないです...。コストを爆上げして3枚同時に!とかでもしなきゃ使われません。今とやってること変わりませんね。ボツです。

ニルフガード

次のカードに「兵士」カテゴリを追加:ダミエン・デ・ラ・トゥール、カヒル・ディフリン、スワース、ニルフガード軍の騎士

「帝国陣形」(旧モルヴラン・ヴーヒスのアビリティ)を次に変更:"命令:自軍ユニット1体に2ブーストを与える。(チャージ:4)チャージを使い切ると、自軍デッキにある「兵士」ユニット1体をデッキの一番上に移動させる。"


《変装の達人》のアビリティを次に変更:"毎自軍ターン終了時、封印を持つ敵軍ユニットがある場合、1ブーストを得る。"構築コストを8→4に変更


《奴隷狩り》のアビリティを次に変更:"【同化】配備:敵軍ユニット1体に2ダメージを与える。"戦力値を1→3に変更


《戦奴》の戦力値を5→4に変更 構築コストを7→5に変更

 誰も使わない兵士とモルブランのバフです。誰も使いませんからね、当然です。

 

変装の達人が大きく変わりました。トリッキーなプレイでダンディリオンショーを楽しませることはできなくなりますが、エンジンが足りないニルフガードには朗報です。

 

戦奴は使い勝手がかなり良くなりましたね。使うかといわれると使わないですけど。また牛を戦奴で変えまくってゾルタンをぶっ放すデッキが出てくるのかなぁ。あれ楽しかったなぁ。ゾルタンナーフされた😫

シンジケート

《愉快痛快》の利益量を3→4に変更

《信徒の集い》の構築コストを6→5に変更


《夕闇の荒事》の利益量を3→4に変更


《炎の番人》のアビリティテキストの構文を改善


《ノヴィグラド流の正義》の構築コストを11→12に変更

 シンジケートは小幅な調整にとどまりました。ノヴィグラド流の正義に正義が執行されてしまいましたが、他は誰も使ってないカードなのでなんでもいいです。

 

僕はよく使うので説明しますと、

  • 愉快痛快は単体で使いやすくなった
  • 信徒の集いは若干のバフながらも「メタ」ではない
  • 荒事は刺さらないことも多い

こんな感じです。

 

中でも愉快痛快は圧倒的に使いやすくなりました。もちろんコインの管理が面倒ですが、スワームサイラスなんかを使う人は騙されたと思って使ってみてください。

まとめ

さよなら召喚陣。