まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

【オフィルの商人】グウェント新拡張リリース!&パッチノートが公開されたので確認していこう

 

こんにちは!まぐろです。受験やら何やらでしばらくグウェントに触れていない間に新拡張リリースですiosでグウェントを始めた方は初の新拡張ですね。

 

僕も情報を追えていなかったのでかるくまとめつつ、これを読んでいる方にもシェアできたらと思います。

新要素

オフィルの商人では「ストラタジェム」と「脚本」という新しいキーワードが登場します。どちらも興味深いですが、ちょっと多すぎるので詳しい話は個別の記事で書きました(脚本はまたあとで!)。

ストラタジェム12枚を軽くまとめてみた - まぐログ

 

ただし特にストラタジェムに関しては今のところ気にしすぎない方がいいと思っています。脚本の方がわかりやすくできることが増えるはず。わざわざ5000円も出して揃えなくていいです

 

その他追加されたカードについてもだんだん書いていこうと思います。使ってる人はもう大体わかってるかもしれませんね。

調整

今月のパッチでそれなりの規模の調整が入っています。ざっと見ていくことにしましょう。

ニュートラ

《アグアラ》の戦力値を5から7に変更
《ゲルメイン・ピカント》の構築コストを11から10に変更
《イリスの使い魔》の構築コストを9から8に変更
ランバート:剣士》の構築コストを9から10に変更
《操る者》の構築コストを10から8に変更
《ショープの休日》から「破滅」を削除

ニュートラルはこまごまと調整されていますが、環境に大きく影響するほどではないように思います。そもそも使われてないカードたちですし

 

ランバート:剣士のナーフやショープの休日の変更くらいは皆さん気にかけてると思いますが、正直そこまで気にしてないですよね?(ショープはどうせ本体に破滅がつく)

モンスター

「支配」の発動条件を「最高戦力値ユニットが自陣にあると実行されるアビリティ」に変更
《死の影》のアビリティを「命令:自軍モンスターユニット1体を破壊した後、その同名カード1枚を生成してプレイする」に変更
《死の影》の構築コストボーナスを15から16に変更
《エンドレガ・クイーン》のアーマーを1から2に変更
《ガルカイン》の戦力値を4から3に変更
《カイラン》の戦力値を5から6に変更
《ヴラン・ウォリアー》の構築コストを4から5に変更
《囁きの丘》のアビリティを「自軍デッキにある遺言ユニット1体をプレイする」に変更 

 全く使われていない遺言を中心とした調整です。コスパや1枚あたりの影響力を若干強くしてたりしますね。

 

特に気になる変更は囁きの丘ですね。現パッチの死の影は囁きの丘のアビリティまんまでしたが、遺言サーチに代わりました。強いか強くないか、で言えば強めかなと思います。

 

先に命令捕食ユニットを置いておけば相手への対応ができます。特に手札にいい感じの遺言ユニットがいない場合は重宝しそう。優秀な捕食ユニットが増えたので多少は使いやすくなっていると思います。

スケリッジ

《ブロクヴァルの狩人》の構築コストを4から5に変更
ドラムンドの戦争狂》のアビリティを「配備:隣り合わせの敵軍ユニット3体に1ずつダメージを与える。狂騒(5):代わりに敵軍列の全ユニットに1ずつダメージを与える」に変更
ドラムンドの戦争狂》の戦力値を5から3に変更
《怒れる熊》のアビリティを「配備:自軍ユニット1体に2ダメージを与える」に変更
《スヴァルブロドの教団員》の戦力値を4から5に変更
《スヴァルブロドの司祭》の構築コストを5から6に変更
《テルショックの動物使い》のアビリティを「配備:自軍野獣ユニット1体に活力(3ターン)を与える。結束:代わりに自軍野獣ユニット1体にブーストを与える」に変更
《テルショックの散兵》の戦力値を2から3に変更

ぶっちゃけスケリッジの新カード全然見てないですが、司祭がナーフされたのはいいことです。他は...。戦争狂のアビリティが変わったのは脚本がアーティファクトだから、ですね。おそらく新拡張の売りですし。

北方諸国

《ライリア軍の弩弓兵》の構築コストを4から5に変更
《ライリア軍の騎兵》の構築コストを4から5に変更
レダニアの射手》の戦力値を3から2に変更
レダニア騎士》のアーマーを1から2に変更
レダニア騎士》の戦力値を2から1に変更
《シャニ》のアーマーを削除
《アトレのウィンダルム》の戦力値を2から3に変更 

 わかりやすいナーフです。今パッチではアーマーで大暴れできないようです。多分攻城兵器を使ってほしいんじゃないでしょうか。

 

またシールドの数が増えてきているのでログナー王がメタにくることもあるかもしれません。プレミアムログナー王を使う日が来た!?

スコイア=テル

《急所攻撃》のアビリティを「命令:ユニット1体に1ダメージを与える。(チャージ:3)チャージを使いきると《ブロキロンの歩哨》を生成してプレイする」に変更
《急所攻撃》の構築コストボーナスを18から16に変更
《ブロキロンの歩哨》のアビリティを「配備:敵軍ユニット1体に2ダメージを与える。追撃:自軍デッキにある自身の同名カード全てを配置列に召喚する」
ドワーフの狂戦士》のアーマーを5から4に変更
ドワーフの傭兵》の構築コストを4から5に変更
《エルフの剣士》の戦力値と構築コストを4から5に変更
《落とし穴の罠》のアビリティを「伏兵:対戦相手がカードをプレイした後、そのカードの構築コストと同じ値のダメージを全ての敵軍ユニットに分割して与える」に変更
《落とし穴の罠》の構築コストを8から7に変更
《賢者》の構築コストを5から6に変更
《毒蛇の罠》のアビリティを「伏兵:対戦相手がスペシャルカードをプレイした後、敵軍で一番戦力値の高いユニットを破壊する」に変更
《毒蛇の罠》の構築コストを6から7に変更
《ヴリヘッド旅団の工作兵》のアビリティを「配備:自軍ユニット1体を浄化する。自陣に「エルフ」ユニットがある場合、代わりにユニット1体を浄化する」に変更 

ドワーフがナーフ、エルフがバフ...ですね。また急所攻撃がちょっと変わりました。3点になりましたが、使い切るとブロキロンの歩哨が使えるように。序盤に使いきっても圧縮でそれなりの仕事ができます。

 

毒蛇の罠はよほど使われなかったのかバフされましたが...。スペルが条件になって困るのはニルフガードくらいなので相変わらず使われなさそうな予感。ていうか神秘の残響はおとがめなしなんですね...。

ニルフガード

以下に「貴族」カテゴリーを追加:
ヴァティエール・ド・リドー
ヨアキム・ド・ヴェット
ヴィヴィアン・ド・タブリス
ヒル・ディフリン
シラード・フィッツ・エスターレ
シラク・ディフリン
ダン・タインのロデリック
《ファイアースコーピオン》の構築コストを4から5に変更
《変装の達人》の戦力値を4から3に変更
《ナウジカ旅団の兵士長》の構築コストを4から5に変更
《奴隷狩り》に「兵士」カテゴリーを追加

 門が使えなくなりました。正確には変装の達人を除いて...。

 

貴族アーキタイプの追加で貴族カテゴリをもらった人たちもいます。ニルフガードの脚本のために使いますが、まだ未知数って感じがします。

シンジケート

アザール・ジェイブド》の戦力値を3から5に変更
《道化同盟の下僕》の構築コストを4から5に変更
《大尋問官ヘルヴィード》の戦力値を4から5に変更
《フィトル&エイリディア》のアビリティを「命令(近接):ユニット1体に1ダメージを与える。備蓄(5):代わりにユニット1体に2ダメージを与える。(クールダウン:1)」に変更
《フィトル&エイリディア》の構築コストを9から8に変更
スカラベ》のアーマーを2から1に変更
スカラベ》から「遺言」を削除
《狡猾な悪女》の構築コストを4から5に変更
《ウィッチハンターの処刑人》の構築コストを5から6に変更 

 やべーなにもわからん。現在のプールもよくわかっていませんが、ブロンズを使いにくくしてゴールドを若干バフですね。やはりブロンズは以上に強かったということですね。

 

また、まず間違いなく門が入っていました。今やもうわざわざ入れる理由はなくなってしまいましたね。