まぐログ

ゲームのプレイ日記を書きます。全然関係ないことも書きます

ストラタジェム12枚を軽くまとめてみた

新要素「ストラタジェム

いきなし謎の要素が追加されました。ストラタジェムッテナンヤネン。

新たなカードタイプとして追加される「ストラタジェム」は、デッキ構築に更なる深みをもたらす。好きな「ストラタジェム」を選び、試合で最初に付与されるボーナスを選択せよ。知略こそが戦いを制する鍵となる!(公式サイト)

わかりましたか?わかりませんよね。僕はわかりません。説明不足にもほどがある。

 

前提として「戦術的優位」というシステムを知る必要があります。

f:id:TunaCan:20191210114816p:plain

グウェントにおいては後攻の方が行動しやすく、有利と言われます。マナの概念がなく、どのカードも好きな順番で使えるためです。先攻は「一番損失が少ないカード」や次の行動につながるカードしかほぼ置けません。

 

そこで先攻の不利を「ユニットに5点ブーストを与える」で補ってきました。一時期あまり機能してなかったりしましたが...。今回はその先攻のアドバンテージを少し拡張し、単純なブースト以外の効果をデッキに合わせて使うことができるようになった...というわけです。

 

ではどんなアドバンテージが選べるのかを見ていきましょう。

バシリスクの毒

f:id:TunaCan:20191210115545p:plain

敵軍ユニット1体に毒状態を付与します。

 

僕は毒を後半まで残すことが多く、そこで一気に使うプレイをします。でもこれと1枚毒を付与できるカードがあれば、序盤にも確定除去として使うことができますね。

 

しかも!そのカードと合わせて1ターンで使えるわけですから、邪魔なユニットを確実に除去できます。引きに左右される可能性が少し上がるのが難点ですね。

水晶の頭蓋骨

f:id:TunaCan:20191210120217p:plain

自軍ユニット1体を浄化、3ブースト。

 

個人的にあまり期待できないと思っているカード。封印を解除したり、出血を無効化したり、シンジケートの懸賞金を解除したりできます。どのくらい必要になるかは流行に左右されそうです

魔法の鎧

f:id:TunaCan:20191210120704p:plain

手札のユニットを3ブーストします。

 

f:id:TunaCan:20191210121136p:plain

すぐに使い道が思い浮かぶのはドワーフですね。シェルドン・スカッグスなどとシナジーがあります。他にも除去されたくないカードを置く前など汎用性は高そう

 

スコイア=テルにはハンドバフというアーキタイプがあるくらいです。スコイア=テルで使うのがメインになっていくような気がします。

呪われた巻物

f:id:TunaCan:20191210121229p:plain

デッキの上から3枚を見て1枚を加え、1枚をデッキに戻します。

 

グウェントではドローカードは少ないので選択肢が増えるのはいいかも。個人的にはグウェントのドロー(名采配など)はうまい使い方がわからないのであまり使わないですかねぇ

 

デッキ圧縮を徹底的にやるhyper thinなんかで使われるかもしれません。

儀式の短剣

f:id:TunaCan:20191210121604p:plain

儀式用なのに3ダメージを与えます。

 

コントロールカードは軒並みナーフされ、1回でユニットを倒すことが難しくなりました。コントロールデッキならいらないかもしれませんが、2点や3点の除去カードしか入れられない場合は短剣を選択することもあると思います。

魔法のランプ

f:id:TunaCan:20191210121904p:plain

5点のバニラユニットを出します。

 

「戦術的不利」とまで言われた、最初の戦術的優位を上手く乗り越えるようなカードですね。最近は列に対して点数を出すカードをあまり見かけなかったので、ユニットは置いておきたいみたいなときに便利です。ユニットレスとか。

技術者のやり方

f:id:TunaCan:20191210122354p:plain

自軍ユニットに3ブーストとシールドを与えます。北方諸国専用

 

3ブーストもさることながらシールドがかなり強力。自分で使えば相手の動きを制限できますし、相手にするときもかなり厄介です。とりあえず選べるレベルです

ウロボロスの仮面

f:id:TunaCan:20191210123437p:plain

カードを1枚引き、1枚を破棄します。スケリッジ専用

 

ディスカードは全く見かけなくなりましたが...一応使うことはできます。というか、ディスカードユニットを1枚別のカードに変えられるのがえらい。ヤルマールなんかでデカイユニットを使えたりしますし、面白そうなカードです。

影の壺

f:id:TunaCan:20191210123825p:plain

ユニット1体の遺言を発動できます。モンスター専用

 

遺言でしか使えないとまでは言いませんが、ちょっと使い道が狭すぎる気もします。逆に言えば遺言以外のアーキタイプは強力だってことなんでしょうかね。

アイン・シーデのサーベル

f:id:TunaCan:20191210124145p:plain

スコイア=テルの新顔を生成してプレイします。スコイア=テル専用

 

エリレンをすぐに出せるなーと思いましたが、他に何かシナジーありますかね。エルフでしかシナジーしないです。まぁ前の環境でかなり暴れたので致し方なし。

首輪

f:id:TunaCan:20191210124442p:plain

封印と3ダメージを与えます。ニルフガード専用

 

インチキ勢力ことニルフガードさんは封印を獲得。これで1ラウンド目確実に1体は黙らせることができるます。その上、アルバ師団の重装騎兵で封印を確保する必要がなくなるのでかなり便利です

虎目石

f:id:TunaCan:20191210124936p:plain

コイン4枚ゲット。シンジケート専用

 

犯罪カードとバッティングするんで一概にいつでも入るわけではないと思います。コインが溢れます。ただ最初のラウンドでアクションを起こしにくいなぁって時には重宝しますね。ニュートラルのストラタジェムでもいい気もしますが。

面白い要素だけど...

というわけでストラタジェム12枚をざっくりとみてきました。かなり長かった。デッキによって1ラウンド必要なものが違うのでいろいろ試すのは面白そうですね。

 

しかし、最初からアンロックされているわけではありません。クラフトする必要があります。しかもレジェンダリー枠!ワオ...。使えば勝てる!ってわけでもないですし、玄人向けという印象です。

 

しかも課金するにも5000円とかなり高め。先にタルを買いまくった方が自由度が広がると思います。よっしゃ!ストラタジェム買ったろ!と大人買いするのは全くお勧めしません。システム的に期間限定販売だけではないと思うので様子見で。